浮気や不倫が招く代償

浮気や不倫が招く代償

 

既婚者が異性問題で「家族の信用を失い」円満な関係を壊してしまう事は少なくありません。

 

時に興信所が実施する浮気調査や素行調査は「異性問題の決着」のために実施され「各々が納得するカタチに収まる」ことを望んで行われる調査と言えるでしょう。

 

浮気の事実や証拠を調査によって取得し調査結果をもとに当事者間で話し合いを実施します。

 

多くの場合「失った家族関係が修復」することは極めて困難と言え、浮気や不倫が招く結末を軽視していた事に気づかされ目が覚めます。

 

如何に「家族修復のために必要な主張」をしても浮気が発覚する以前の円満な家庭に戻ることは困難と言えるでしょう。

 

一度、失った家族からの信用を取り戻し関係を修復するには多くの時間が必要であり、将来的に「事ある事に浮気を疑われる」という信用の無い家族関係が続くことでしょう。

 

このように浮気が残す大きな傷跡の代表が「家族からの信用を失う」ことなのです。

 

浮気の代償

 

浮気が発覚後反省して「家族のために努力する生活を誓った」人物であっても「直ぐに受け入れられる事は無く」裏切ったパートナーや家族の厳しい疑惑の視線のなかで生活していかなければなりません。

 

日常の交流や行動に加えて残業や休日の外出などは「疑念を持たれて当然」の空気感に身を置くこととなるのです。

 

浮気や不倫関係を解消した後にかならずしもハッピーエンドがまっているわけでは無いと気づかれる事でしょう。

 

浮気や不倫に走る理由は様々存在すると思いますが「将来的にご自分の居場所が無くなる」事など想像もしないでしょう。

 

加えて「浮気や不倫によって失うものは存在しても得るものは無い」という事実を知ることになるのです。

 

後悔や懺悔の感情は将来的に大きくなり「軽はずみで考え無しな過去のご自分を恨む」こととなるのです。

 

如何に子供じみた感情から浮気や不倫関係になり、ご自分にとって本当に大切な物事を忘れて「身勝手な恋愛感情に支配」されていたか大きな代償で経験されるのです。

 

浮気調査を実施され「浮気や不倫を制止」したいと考える御依頼者は少なくありません。将来的に家族関係を継続したいと考えるならば当然の選択と言えるでしょう。

 

浮気調査によって「浮気や不倫が本当にダメな事である認識」が当事者に痛感されなければ「同じ過ちは繰り返される」可能性は非常に高いと言えるでしょう。

 

将来的な幸せを手に入れたいとお考えならば「浮気や不倫を後悔」させる調査を実施し「家族が如何に大切か」認識されなければならないと思うのです。

 

浮気の定義と離婚